Menu // Profile / Library / Library2 / Gallery / Comic / Column / Occult post / Kaku-duke / Blog / Link

▼Webサイトについて / ▼[ゐ〜加減]のプロフィール / ▼メンバーのすべて / ▼[ゐ〜加減] 〜その変遷〜
◆Webサイトについて◆

■Webサイト名称:ゐ〜加減のプロジェクトFE
 読み方は「いいかげん の ぷろじぇくと えふいー」です。
 尚、FEはフィルタリング・エディッションの略です。(要は全年齢版)

■トップページ: http://yikagen.web.fc2.com/
 当サイトは基本的にリンクフリーです。
 Top pageの規約・注意に準じていただければ問題ありません。
 また、管理人名を必要とされる方は「ゐ〜加減」「e+-」のいずれかでお願いいたします。

■メールアドレス: yi.kagen(ゐ〜)gmail.com
 ゐ〜加減へのご意見・ご要望・ご質問、各作品へのご感想など、メールでのご連絡はこちらにお送り下さい。
 (スパムメール対策しています。入力の際に「(ゐ〜)」を「@」に置き換えてください。)

■ゐ〜加減の関連サイト:

▼本家サイト: ゐ〜加減のプロジェクト
 年齢制限版サイトです。ご注意下さい。
 本家サイトは年齢制限作品を含めて、全作品を取り扱っています。
 PC向けのページ構築ですので、モバイル端末では見づらい可能性があります。
 (全年齢向けサイトの規約に準じ、『FC2ホームページ』のTOPから『FC2ホームページアダルト』のTOPへのページ遷移を元にリンクしています。)

▼Blog: ゐ〜加減でいこう!
 開発日誌ブログです。
 開発日誌や更新情報の他、Web拍手のコメントが載ることもあります。
 リンク先は各ページにある「Blog」と同じです。

▼Twitter: ゐ〜加減スタッフ
 ツイッターです。
 ツイッターで「Y_KGN」をフォローしていただくと、上記開発ブログの更新情報が届きます。
 (上記リンクはツイッターに登録していなくても読むことができます)

■活動内容:全年齢作品・年齢制限作品を問わず、幅広いカテゴリ・ジャンルの創作活動を進めています。

▼主なカテゴリ・ジャンル例:

 【年齢対象
 全年齢作品(一般向け)、年齢制限作品(R指定・X指定)

 【創作傾向
 創作系総合(一次創作《オリジナル》・二次創作)

 読み物
 小説、コラム、怪談etc.

 【画像・映像
 CGイラスト、Webコミック

 尚、年齢制限作品は本家サイトでのみ取り扱っています。
 こちらの全年齢版サイトでは取り扱っていません。

■バナー:ご利用は直リンク、またはお持ち帰りにてどうぞ。

 gif版バナー [gif版] 200*40
 【http://yikagen.web.fc2.com/i/contents/images/banner.gif

 jpg版バナー [jpg版] 88*31
 【http://yikagen.web.fc2.com/i/contents/images/banner.jpg


▼Webサイトについて / ▼[ゐ〜加減]のプロフィール / ▼メンバーのすべて / ▼[ゐ〜加減] 〜その変遷〜
◆[ゐ〜加減]のプロフィール◆

 4人の社会人から成るクリエイター集団。
 いい加減な人間ばかりが揃っているため、人生を「良い加減」にしようという意味を込めて名前を付けたらしい。

 日本語表記が「ゐ〜加減」。英数表記が「e+-」。

 メンバーを良く知る識者によると、発音的には「い(i)・い(i)・か(ka)・げ(ge)・ん(n)」の一種類でありながら、名称表記の頭文字が「ゐ」「e」「Y」と複数ある理由は、彼らがアナグラムや言葉遊びをしているのだという。

 例を挙げると、
・「ゐ」がワ行の「wi」=「We」とかけている
・「e」が「良い」=「ii」と発音した場合の単記号としての意味と、e-mailのeと同様の「電子:electronic」の「e」の意味である
・「Y」が「良い」=「Yoi」の発音からである

 団体名称からして複数の意味を込める言葉遊びのパズルという創作活動をしているのは彼ららしいとのこと。
 また、「+-」「Y-KGN」などにも同様に複数の意味を込められている説が現在有力視されている。

表記統合化計画(※ルビは“リニューアル”)により、現在は上記にあるように「ゐ〜加減」と「e+-」に統合化されている。
そこで、以前に使用されていた「YI-KaGeN」と「Y-KGN」の表記について触れておこう。

YI-KaGeNの「KaGeN」の部分と、「Y-KGN」については、見た目どおりなので特に不思議な点はないだろう。
“KaGeN”は、大文字小文字を除けばローマ字表記であるし、“Y-KGN”は略称表記と見れるからである。

注目すべきは「YI-KaGeN」の“YI-”の表記である。
「ゐ〜加減」の“ゐ〜”部分に相当するわけだが、ハイフンが“〜”というのは分かる。
“ー”などの長音を当て字として、ハイフンで表すことは俗にあるからだ。
残るは“YI”である。
少なくとも、現用のローマ字には見当たらない表記となる。

ちなみに“や行”の「い(i)」と「え(e)」は重複文字なので、基本的には“無い”そうである。
とはいえ、存在しないわけでもない。
例を挙げると、「円(Yen)」、「江戸(Yedo)」、「蝦夷(Yeso)」、「烏帽子(Yeboshi)」などは、今でも残っている表記である。

ヘボン式、日本式、訓令式、といったローマ字の変遷があるだけに、学習教材によっては「ya・yi・yu・ye・yo」の表記が混じっていてもおかしくはない。(軽く調べたところでは日本式ローマ字のようである)

話を戻すと、つまり“YI”の表記は「Y行」で表記する習慣の名残を持ってきたものと言えるだろう。

そして、“良い”の発音を“いい”で発音させるのなら、“よい”と同じ“や行”の“い”が良いのでは? と考えたのではないだろうか。
このことをメンバーの一人に質問してみると、「ご想像にお任せする」との返答だったが、これで確信を深めるに至った。

これで“YI”についての理由が判明した。

併せて、謎となっていた「ゐ」の表記についても質問してみることにした。(「ゐ」と「ゑ」は“わ行”である)
理由としては、
・“や行”と“わ行”で両方「ゐ」「ゑ」を使っていた五十音一覧を見た記憶があったから
・「い〜加減」にしてしまうと、「おざなり」「無責任」といった意味の方が先に思いついてしまいそうだから
ということだった。

五十音一覧が変遷の一時的なものだったのか、誤表記だったのかはともかく、あえて「ゐ〜」の表記にした理由がここで判明した。
「ゑびす」を「YEBISU」と表記している例もあるので、特例表記であろうとなかろうと、一般的認知では気にならないところだろう。
商標などの意味合いならなおさらである。

「YI-KaGeN」の表記にそんな理由があったのだと知っていると、URLやアドレスに残されている「Y」から始まる表記にe+-の歴史が見えてくる。

(アナリストF)


▼Webサイトについて / ▼[ゐ〜加減]のプロフィール / ▼メンバーのすべて / ▼[ゐ〜加減] 〜その変遷〜
◆メンバーのすべて◆

プログラマーA
 当サイト管理からノベルゲームの制作まで何でもこなすe+-の屋台骨。

 アナログからデジタルまで多くの知識を有し、またさらに欲するデータホリック。
 本屋・図書館の類に行ってしまったらその日はもう会えない。
 コレクター属性で家の中は最早本屋とホビーショップを足して、2で割らない感じになっている。

愛車はMTBとロードレーサータイプのチャリだったが今は徒歩。

イラストレーターB
 格闘技の有段者でありながら絵を描くのが好きというe+-の大黒柱。

 フットワークが軽く「こんな感じのイラストを」とオーダーした次の日には大量のラフが届くが、早いのはラフまでで完成までにけっこう時間がかかることを本人は気にしている。

 愛車は400ccのバイク(事故で廃車)
 →軽4(事故で廃車)
 →出所不明の原付(事故で廃車)
 →今は電車。

ライターC
 学園物とオカルト物を得意とするe+-の頭脳。

 大食いにかけては右に出るものがいないが、作品執筆時間の9割は食事に費やされる。

 愛車はこれまでに4回乗り換えていて現在はMMCのワゴン。
 これまでトヨタ・ニッサン・ホンダと乗ってきて、国内全メーカーを渡り歩くと公言しているため、最終的に光岡自動車やトミタ夢工場まで網羅しろとメンバーからキツク言われている。

プロデューサーD
 4人しかいないのにプロデューサーもないだろうと言われ続けているe+-の何か。

 確認されている生態として、とあるキャラグッズを渡すと目をキラキラさせながら顔が蕩け、生暖かい視線に気づくと真顔に戻り、いそいそと視線から逸れるというものがある。

 愛車は常にGTベース車で、今もスポーツ・クーペ。

◆ ◇ ◆ ◇ ◆

スーパーバイザー
 4人の社会人で構成されているe+-のメンバーが尊敬する人物。

 好きなことを追求する姿勢はストイック。
 普段は会えないがここぞという時に心の支えになってくれる力強い存在である。

 愛車はハッチバック・スポーツ。

桃乃瀬 ゆかり
 ロリショタ・BL・近親相姦物と得意ジャンルが素敵な女流作家。
 作品のほとんどが年齢制限作品のため、こちらの全年齢版サイトでは出番が少ない。

 e+-のメンバーでも何でもないが、ライターであるCの作品がなかなか仕上がらないので、先にサイトを作ってほっといたらエロ小説を投稿してきてしまったお茶目な人。
 とっくに卒業して(ケフンケフン)だが、中学生みたいな服装かゴスロリっぽい服を着て、しばしばメンバーのド肝を抜く。

 愛車は軽ワゴン(レディース仕様)。

■Blog: 猫と暮らす腐女子。
■Twitter: http://twitter.com/yuka_momo/
 (上記リンクはツイッターに登録していなくても読むことができます)

飯場 正臣
 「投稿サイトではないのに、なぜか作品を投稿してきてしまった人」第2号。
 18禁作品、第2号でもある。
 作品が年齢制限作品のみのため、こちらの全年齢版サイトでは出番がない。

 このままではサイトがおピンク一直線になるとメンバーは危惧を抱いているが、もちろん飯場先生はメンバーでもなんでもないのでお構いなしである。
 ちなみに詳細は不明。

 愛車は山手線と徒歩。

鈴鳴 零言
 「こういう話を知っていますか?」となぜか毎晩のようにe+-宛に怪談や都市伝説のメールを送りつけてきていた謎の人物。

 誰でも知っているような話を聞いて思い切りのけぞったメンバーの反応に気を良くして、隙あらば怪談を披露するようになった。
 何気ない会話のようでもいつの間にか怪談になってることがあるのでメンバーは警戒中。

 愛車は助手席と異様に速い徒歩。

平賀
 突然、<トップページにでも使って下さい>とイラストを送ってきてくれた怪人物。

 グーグル提供のフリーメールで送られてきたため、詳細は完全に不明。
 ありがたくトップ画に使用させていただいている。
 メールのそこかしこにメンバーの近況が書かれていることがあるため、実際に会ったことがある人物かもしれない、謎のあしなが絵師さんではないかなどと様々な憶測を呼んでいる。

 愛車は謎。

O寿
 サークル活動の交流誌などにイラストを描いていたイラストレーター。

 早くからCGでのトーン貼り・着色を導入していた人物で、ドラマに出てくるようなスマートな一人暮らしをされていた。
 メンバーの一人が以前に描いてくれた絵をスキャニングした作品しか残ってないため、今後の新作は残念ながら見ることができない。

 愛車は不明。

林原 力志
 「エアコンがないから熱中症になりそうです。だから書きました」
 まったくもって意味不明なメールと共に作品を投稿してきた人第3号。

 最初はノベルゲームの脚本家になりたかったという彼は、どういうわけかサラリーマンになり、どういうわけかフリーターになり、「この作品はノンフィクションかもしれません」とうわ言を言う危ない人に。

 愛車はつい最近になって買ったママチャリ。

山崎 かおり
 TRPGやPBMを主催するサークルの元代表。

 楽しんでもらう事に情熱を燃やし、本気でクリエイターを目指しているエンゲル係数の高い人。

 愛車はekワゴン。

匿名希望P
 桃乃瀬ゆかり先生とプロデューサーDと共に、休日にはドライブに繰り出すという車好きな人。
 そして、アイマスのやよたん大好きと公言してはばからない痛車オーナーでもある。

 ある日、「名作を差し上げましょう」と言いながらどうしょもない同人作品を送りつけてきた為、晴れて無理矢理、投稿してきちゃった人第4号に認定。

 愛車は埼玉高速鉄道とランエヴォIVの痛車。(高槻やよい仕様)

芝 戒人
数年前に株式トレードを始めていきなりライブドアショックを経験。
その後も様々なショック相場を着実に拾い、
リーマンショックで大打撃を被ったというデイトレーダー。

相場から離れるかと思いきや、今はFXに転じており、
いちいち散々な目に遭ってる割には破産してないところが凄い。

チャートを見ながら、片手間に描いているマンガはほとんどが実話なんだとか・・・。
『やよマス』を読んで気に入ったとかで、カットも描いてくれている。

愛車はキャンプ用品満載のセレナ。

■Blog1: 大貧民 〜樹海行き選抜大会開催中〜
 (別の名前で活動しておられます)

■Blog2: 一本、ツイとく?

アナリストF
 作品を読むと裏設定ばかりが気になるという分析が趣味の人。

 実は当サイトの「プロフィール」において、ゐ〜加減のネーミングについて情報提供したのは彼だったりする。

 各作品の作者は一度ならず彼の取材を受けており、伏線や裏設定を徹底的に聞き出されて困っているとかいないとか。

 愛車は・・・。

ハッピーシゲタカ
 勝手に原稿を送りつけてきちゃった人シリーズは現在Library2行きを基本としていたのですが、新春スペシャルがコラムに載ったのでプロフィール付き、“先生”付きになった人。

 元々は「お題(仮)」投稿者です。

 愛車は『戦場の絆』連邦側シート。


▼Webサイトについて / ▼[ゐ〜加減]のプロフィール / ▼メンバーのすべて / ▼[ゐ〜加減] 〜その変遷〜
◆[ゐ〜加減] 〜その変遷〜◆

約46億年前:地球誕生
  :
(中略)
  :
2010/06/06:本家サイト開設
2011/05/18:当サイト開設

2011年 Update log
2012年 Update log
2013年 Update log
2014年 Update log
2015年 Update log
2016年 Update log
2017年 Update log



◇Menu

◇Profile
◇Library
◇Library2
◇Gallery
◇Comic
◇Column
◇Occult post
◇Kaku-duke
◇Blog
◇Link

◇Top page


2010-2014 (C) e+- - All Rights Reserved.

inserted by FC2 system